2009年09月08日

日本代表、オランダ戦を振り返って・・・

先日、サッカーの日本代表とオランダ代表のワールドカップに向けた親善試合が行われた。

オランダは世界ランキング3位の世界トップクラスのチーム。

日本代表ははたしてどこまで通用したのか???



結果は・・・

0−3の完敗。


その内容とは、

前半は0−0で折り返したが、

後半で3点取られてしまった。


5日のオランダ戦に0−3で敗れた日本代表は、練習を再開した。

 オランダは一部観光地を除いて日曜日の店舗営業が認められておらず、6日付の新聞の多くは合宿地周辺には配達されなかった。その中で、フットボール・インターナショナル(電子版)は「オランダがエンスヘーデで失望の試合。最大の原因は日本がベストゲームをしたこと」と好意的な内容。テレグラフは「いらいらした本田がスナイダーを負傷させた」と右足首を痛めた司令塔の状態を報じた。


サッカー・日本代表オランダ遠征合宿(6日、デルッテ)オレ流に貫く。オランダ戦で不発に終わったMF本田は、強気の姿勢を崩さなかった。「自分のスタイルを磨けば、日本代表に必要だと思っている。(オランダと)決定力、ゴール前の迫力の差があった。それはオレの責任。もっと高い位置で脅威にならないといけない。岡田さんの話に感動した」と、この日のミーティングでゴールへの意識を強調した指揮官に呼応した。
posted by ちゃたろ at 12:45| Comment(6) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。