2008年06月14日

<サッカーW杯>日本3−0でタイに快勝 闘莉王、中澤、中村憲が得点決める アジア3次予選

<サッカーW杯>日本3−0でタイに快勝 闘莉王、中澤、中村憲が得点決める アジア3次予選

サッカー日本代表は14日、タイのラジャマンガラ競技場で行われたワールドカップ(W杯)アジア3次予選の第5戦で、タイに3−0で快勝した。前半23分、闘莉王のヘディングでゴールを奪い、先制した。さらに、同39分、中澤がコーナーからのボールに頭を合わせ追加点。後半43分にも途中出場の中村憲がダメ押しの3点目を挙げた。

20080614-00000026-maiall-socc-thum-000.jpg

【前半戦評】

高い位置からボールを奪いにいった日本が試合の主導権を握った。相手の両サイドでボールをキープして起点を作り、細かいパス回しや単独突破から積極的に局面打開を図った。

日本は23分、遠藤のクロスボールから闘莉王が打点の高いヘディングシュートを決めて先制。24分にFKから遠藤がバーをたたく際どいシュートを放つと、39分には遠藤のCKから中澤が豪快なヘディングで追加点。日本が両センターバックの活躍で2点をリードして前半を折り返した。

【後半戦評】

後半、日本は猛暑で全体の運動量が落ち、中盤や両サイドバックが前線を追い越す動きがなくなったことで、攻撃が停滞した。中盤の守備も緩くなり、2点を追うタイにゴール前まで押し込まれる展開が続いた。

それでも、GK楢崎らが最終ラインで落ち着いて対処し、タイのシュート精度の悪さにも助けられてこれをしのぐと、日本の攻撃も徐々に復調。玉田の鋭い突破などから再び流れをつかみ、終了間際の43分、途中出場の中村憲がスルーパスから決定的な3点目を奪い、試合を決めた。

【岡田監督のコメント】

内容より勝つことに徹するサッカーをしようと思った。苦しい中、選手が頑張ってくれた。前半飛ばしすぎたので後半ばてたが、よく持ちこたえてくれた。次のバーレーン戦に弾みがついた。バーレーンには一度負けているので、プライドにかけても勝ちたい。


やりました!われらが日本代表!見事タイに勝利!しかも俺の好きな中村憲剛が決めた!いいね!この調子で次のバーレーン戦も勝ってくれぇ!!
っていうか中村俊輔はいいね!恐ろしいぐらいレベルアップしてる!
テクニックもそうだけど試合に対する考え方とかサッカーの考え方とかがすごい!
中村俊輔の言うとおり、サッカーは個人技とか誰が点を取ったとかじゃない!誰が1番うまいとかでもない!
チームとしてどれだけ意識統一がされているか?お互いの動きが連動されているか?それがサッカーを決めると思う!
それがないと話にならないぜよ(^^)☆
この調子で頑張れ日本代表!
posted by ちゃたろ at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。