2009年07月08日

猿ロック ドラマ化

ヤングマガジンで連載中の人気漫画「猿ロック」がなんと実写ドラマ化する!

このマンガ「猿ロック」は主人公がカギ屋の息子で、どんなかたい鍵でも簡単に開けてしまう天才カギ師!

主人公の猿丸耶太郎・通称サルを演じるのは今人気絶頂の俳優市原隼人!

かなりすごい組み合わせだと思う。
漫画では、カギ師の猿が仲間とのいろいろな抗争やトラブルなどに
巻き込まれんが、ずいしょで鍵開けをお見せする!

市原隼人どう演じるのか、かなり楽しみだ!!

週刊ヤングマガジンに'04年から連載され、コミックスは20巻まで発売されている芹沢直樹の同名原作をドラマ化。浅草のさびれた鍵屋「猿丸ロックサービス」を舞台に、天才的な鍵開けの腕前を持つ猿丸耶太郎・通称サル(市原隼人)が、事件に巻き込まれながらも、危険を省みず、人助けに奔走する姿を描く。鍵開けの天才で、女と人情にからっきし弱いまっすぐな性格から、閉ざされた人の心まで開けてしまうのがニューヒーロー、サルだ。脚本は「33分探偵」(フジテレビ系)などの福田雄一が担当。

サル(市原隼人)は、リツコ(芦名星)からデートクラブの経営者に裸の写真とビデオを撮られた女友達を助けるために経営者の部屋の鍵を開けて、忍び込むことを頼まれる。一度は拒んだサルだったが、かわいいリツコの友人の姿を見て、快く引き受けてしまう。サルは部屋に侵入し、巨大な金庫を見つけるが、特殊な金庫で簡単には開けることができず、手間取っている間に、経営者たちが戻ってきてしまう。何とか脱出には成功するが、作戦は失敗。サルが再び侵入の作戦を練る中、依頼人が、経営者に監禁されてしまい…。


続きはぜひドラマをどうぞ!!

7月23日 スタート 日本テレビ系 毎週木曜 後 11:58〜深 0:38

出演者
市原隼人/芦名星/渡部豪太/高岡蒼甫 ほか

スタッフ・音楽
原作:芹沢直樹/脚本:福田雄一/演出:前田哲/演出:塚本連平/プロデューサー:尼子大介/プロデューサー:東海林英文
posted by ちゃたろ at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123037534

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。